老いは脚からやって来るだからこそ筋肉トレーニングにかける

とある日の健康診断の結果でメタボであるという指摘を受けました、
食事や運動でダイエットを勧められて実践したのが
普段よりも早足で歩くという単純な運動でした、
晴れた日は公園を、雨の日は住んでいるマンションの階段の昇り降り、
そんな日々を送るうちに気付いたのが脚の筋力低下だったのです。

雨の日に階段を昇ってみると思ったよりもずっと早く疲れて
目標にしていた8階までの5往復などとても無理な状態、
若い頃は健脚を自慢していたというのにです、
これでは50歳を過ぎた自分の脚の筋肉が衰えているのを認めざるを得ません、
老化です、
脚はパンパンになり膝はガクガクと笑うし翌日は筋肉痛でした。

そこでダイエット共々脚の筋力アップに勤しむようになりました、
まずは晴れた日でも階段の昇り降りで脚を鍛えることにし、
やっと3往復だったのを最初の目標通りに5往復できるようになったのが1ヶ月後のこと、
それすら容易く感じるようになったので
負荷を増そうとアレンジを加え
ゆっくり昇ってゆっくり降りるという方法に変えました、
途端に脚への負荷は大きくなり再び3往復がやっとの状態に戻り翌日は筋肉痛です、
しかも前回と違ってお尻までが筋肉痛となり2日間ほど運動を休みました。

再開後は無理をせずとにかくゆっくり昇って降りるというやりかたを続け、
2ヶ月が過ぎる頃には5往復できるようになりました、
その頃に気付いたのですが下着の太もも部分がなんとなくきついような感じで、
最初のサイズを測ってはいなかったのですが明らかに脚が太くなってきましたし、
お尻の筋肉も硬く締まってきました、
こうなると筋肉を太くするのが楽しくなってしまうものです。

次のアレンジはふくらはぎに対しての効果を狙ったものです、
これまでの昇り降りの方法に加え、
1段昇る度に背伸びをするようにグッとつま先立ちをするのです、
この負荷は脚に大変大きく5往復できていたのがたった1往復が限界となってしまいました、
それから2ヶ月続けても2往復で脚が疲れてしまうので
5往復の残りの分はつま先立ちをせずに
それまで通りのやり方で昇り降りをしています、
ふくらはぎに関しては太もものように顕著なサイズの変化は感じられないものの、
それでも測ってみると僅かに太くなっているのは確認しています。

これらの運動で長時間歩いても疲れにくくなりました、
もちろん階段にも強くなりました、
駅のホームに繋がる階段もエスカレーターに頼ることなく
自分の脚で楽に昇り降りできるようになりました、
こういった実生活での行動が楽になったという点が最大の成果でしょう、
筋肉とトレーニング法について難しいことはよく分かりませんが、
こういった鍛え方でも効果は確実に出るものであると自らの体験から自信を持って言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です